ctrl+shift+p filters: :st2 :st3 :win :osx :linux
Browse

UWSC

by stuncloud ALL

Syntax highlighting and keyword completions for uws script on Sublime Text 2 and 3

Details

  • 2018.02.13.10.05.56
  • github.​com
  • github.​com
  • 2 years ago
  • 2 hours ago
  • 6 years ago

Installs

  • Total 853
  • Win 800
  • Mac 42
  • Linux 11
Feb 17 Feb 16 Feb 15 Feb 14 Feb 13 Feb 12 Feb 11 Feb 10 Feb 9 Feb 8 Feb 7 Feb 6 Feb 5 Feb 4 Feb 3 Feb 2 Feb 1 Jan 31 Jan 30 Jan 29 Jan 28 Jan 27 Jan 26 Jan 25 Jan 24 Jan 23 Jan 22 Jan 21 Jan 20 Jan 19 Jan 18 Jan 17 Jan 16 Jan 15 Jan 14 Jan 13 Jan 12 Jan 11 Jan 10 Jan 9 Jan 8 Jan 7 Jan 6 Jan 5 Jan 4 Jan 3
Windows 0 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 4 0 0 0 1 1 1
Mac 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
Linux 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0

Readme

Source
raw.​githubusercontent.​com

Sublime UWSC

UWSC スクリプトの入力補完やシンタックスハイライトを行うパッケージです

入力補完

以下の入力補完を行います

  • 組み込み関数
  • 組み込み定数
  • 特殊変数
  • 特殊文字 (<#CR>、<#DBL>、<#TAB>)
  • ブロック構文

シンタックスハイライト

.uwsファイルに対してスクリプト構文に色付けを行います

ヘルプ参照

スクリプト中の関数名にカーソルを合わせるか、選択状態にしてuwsc_helpコマンドを実行すると該当関数のヘルプを開きます
この機能を有効にするにはPreferences.sublime-settingsuwsc_pathでUWSCのインストールディレクトリを指定しておく必要があります

"uwsc_path": "C:\\Program Files (x86)\\UWSC"

配列にすることで複数のパスを指定出来ます

"uwsc_path":
 [
     "C:\\Program Files (x86)\\UWSC",
     "C:\\Program Files\\UWSC"
 ]

この場合は上から順に参照し、最初に見つかったuwsc.chmを開きます
複数のPCで利用する場合などに有用です